• 良い会社サーベイとは
  • 良い会社への想い
  • 事例紹介
  • 参考書籍
  • お問い合わせ

参考書籍

参考書籍の一覧に戻る

沖縄教育出版1-全員主役の感動創造企業

作・田原実、画・山上幸二

ガン宣告や多額の借金、度重なる逆境を乗り越えた
株式会社沖縄教育出版 創業者 川畑保夫の人間尊重経営

「日本一長くて楽しい朝礼」は、一人ひとりが輝く成長のステージ

全国から同社を訪問する見学者は年間500人以上。大手企業の幹部はもちろん、メディアでも多数取上げられている「日本一長くて楽しい朝礼」は、通常1時間から長いときは2時間を越えることもあるそうです。パートで働く方の平均労働時間は5時間にも関わらず、朝礼に時間をかけています。
それは朝礼が、「みんなが主人公になれる場所」、「感動のステージ」、「一人ひとりが成長する場」であるからです。参加者全員で行う肩揉みや、思わず笑顔になる「ハッピー体操」、社内で交換する「ありがとうカード」やお客様からの声の紹介・・・ときには、社員が練習した沖縄舞踊や扮装劇まで、何でもあり!
全社員が理念を共有し、社員同士がお互いを理解することで仕事は円滑になり、よい組織風土を醸成するために「朝礼」は、なくてはならないものになっています。

ガン宣告や借金、数々の逆境を乗り越えてきた経営者の信念

川畑代表は、出版社のトップセールスから29歳で独立。沖縄教育出版を創業し、業績も伸び社員も増えている矢先のガン宣告。当時は、まだ「ガン=死」という考え方が根強い時代でした。奇跡的に手術は成功したものの、治療を続ける社長に不安を感じた社員は会社を離れ、60名が一気に半数に・・・。その後も、多額の借金を抱え、高利貸しに借りた300万円を社員がひったくられて不渡り寸前になるなど、不運な境遇が続きました。
しかし、そんな状況においてもあきらめずに、人生を前向きに捉えなおしました。そして、自らの健康を考え抜いた末に思いついたアイディアが、長寿県沖縄特産の薬草やウコンの商品化でした。赤字続きだった出版業にも顧客名簿という財産が残されていました。それを活用して、健康食品をPR。
自信を持って開発した商品は、お客様から好評を得て、会社も徐々に立ち直ることができました。
「経営者の健康なくして会社の健康はない」ということを自分自身の経験から証明しました。

千人の会社で百人だけが幸せな会社より、十人でも全員が幸せな会社

「日本一長くて楽しい朝礼」に込められた想いによって、職場の風土が変わり、社員が育ち、会社の成長につながっています。
「一人ひとりが人生の経営者」、「経営とはみんなが幸せに暮らすためのもの」という川畑代表の言葉は、逆境を乗り越えてきた経験によって裏付けられています。一緒に働く仲間、お取引先、お客様、地域社会・・・みんなが家族で人生のパートナーであると言います。
千人の会社で百人だけが幸せな会社より、十人の会社で十人全員が幸せな会社、最大の企業ではなく、最良の企業をめざして。「一人ひとりの命は輝いています。一人ひとりが生き生きとし、働く喜びをもって仕事をすれば会社は必ずよくなります。」
沖縄教育出版は、全員が主役の感動創造企業として、障がい者雇用や地域清掃のボランティア活動だけでなく、環境問題など地球規模の課題にも取り組む素晴らしい会社となっています。

―会社概要―
【会社名】株式会社沖縄教育出版
【事業内容】健康食品・自然派化粧品の企画、通信販売
【設立】昭和59年設立、昭和53年創業
【HP】http://www.cha-genki.co.jp/

―書籍情報―
【書名】沖縄教育出版 1―全員主役の感動創造企業
【著者】作・田原実、画・山上幸二
【版元】株式会社インフィニティ

参考書籍の一覧へ

お問い合わせ・資料請求はこちらから

お電話でのお問い合わせは 03-6256-0288 平日(月-金)9時~17時 良い会社コンサルティングチーム

Copyright All rights reserved by Pasona Career.

ページの先頭へ